読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日はまた昇る

コメントを残したい方は「はてなブックマーク」を利用してください。

トランプ政権発足。それは新たな世界秩序の始まり

トランプ大統領誕生 2017年1月20日。アメリカのトランプ大統領が就任した。 トランプ氏の支持者には申し訳ないが、世界中のかなり多数の人が、就任後の世界に不安を感じていると思う。 私もその1人だ。どんな就任演説を行うのか、アメリカの大統領の…

分離独立運動は流血を招く(中)

お詫び 前編を書いてから、5か月あまりが経過した。 id:Mukke氏からの宿題という認識はあったが、まとまった時間がとれず伸ばしてしまった。その点、申し訳なく思う。 いまさら感は大きいのだが、宿題は宿題なので、7月以降、仕事が落ち着いてきて時間が取…

分離独立運動は流血を招く(前)

おさらい この投稿は気が進まない。 ただ私のブックマークコメントに対してid:Mukke氏から氏のブログでそれなりに長い文章の批判投稿をいただき、その際Mukke氏から私のブログで反論投稿するよう要求をうけ、それに応じたので書いている。 気が進まないのは…

日本人人質殺害。テロは所期の成果をあげた。

悲しくて、怒りがこみ上げる。 ISILが、2人の日本人を人質にとった。そしてその2人とも断首されて殺された。 いつ殺されたのかはわからない。 その報に接したのは、日本時間で湯川氏の殺害が1月24日夜、後藤氏の殺害が2月1日早朝だった。 生きた…

後藤さん 湯川さんの殺害を強く非難する。私たちは屈しない。

後藤健二さん、湯川遥菜さんに謹んで心からの哀悼の意を表します。 どうぞ安らかに。 ご遺族の方、ご関係者のご心痛を思うと、言葉がありません。 この哀しみと怒りを、同じ日本人として共有いたします。私はこの蛮行を許せませんし、テロには屈しません。 …

攻撃的現実主義ってこういうものなんだけど(実践編)

はじめに この投稿の前編となる理論編では、攻撃的現実主義の基本的な理論の説明をした。 もし、まだ理論編を読んでいただけていないなら、ぜひ理論編から読んでほしい。この実践編では、説明の都合上、攻撃的現実主義の理論(大国政治の理論)で使われてい…

攻撃的現実主義ってこういうものなんだけど(理論編)

はじめに 少し前に書いた「河野談話検証で手詰まりとなった日韓両国」と、その補足説明をした「みなさん!現実主義って用語、誤解してませんか?」という記事を思いの外、たくさんの人に読んでもらえて感謝している。 いくつかそれに対する反論の投稿もあっ…

安全保障問題で軍事力を考慮しないのは片手落ち

現実主義について言及されたこともあるし、7月8日にid:scopedog氏が投稿した『中国から見た日本の集団的自衛権容認、中比紛争への日本軍介入の可能性』という記事について考えてみることにしたい。 総論としてはこういう国際関係についていろんな視点で考え…

限定的な集団的自衛権は何をもたらすか

2014.7.1 安倍内閣は、これまで憲法上権利は保有するが行使はできないとされていた「集団的自衛権」について、限定的ながら権利行使の容認を含んだ閣議決定を行った。 今回は、この集団的自衛権行使容認によって、何が変わっていくのか考えてみたい。 なお、…